ブランク有の方にオススメの復職方法とは?

ブランクがあってもOTC薬剤師として働ける?

仕事の種類によっては、長期にわたってブランクがあると職場復帰が難しいものもあります。 薬剤師の場合はどうなのかというと、ブランクが長くても比較的職場復帰しやすい職業だと言えるでしょう。
パート薬剤師の悩み、職場における人間関係…

女性は出産などで職場を離れることが多いですが、そういった場合でも薬剤師の資格を持っていれば安心です。 ただ、あまりにもブランクの期間が長かったり、休み始める前の勤務期間が短かったりすると、薬剤師の資格を持っていてもなかなか働ける場所が見つからない可能性があります。

これは、採用した際にすぐにちゃんと働くことができるのか不安に思われてしまうからです。 自分自身で、ブランクがあるから仕事にとまどってしまうのではないかと不安に感じている人もいるでしょう。

そういった場合におすすめなのが、公益財団法人 日本薬剤師研修センターが運営、認定している研修認定薬剤師制度というものです。 レポートを提出することにより単位を取得することができ、一定の単位が取得できれば研修認定薬剤師の認定証を発行してもらうことができます。

この研修認定薬剤師を取得すれば、薬学に関して一定の知識があることが証明されるので、ブランク後に仕事を探す際の強い味方になってくれるでしょう。

ブランク中も自分で勉強をしていた、と言っても面接官には響きませんが、研修認定薬剤師を取得していると言えば、それだけで高い知識を持っていることが証明されるんです。

職場が見つからないという場合は、薬剤師専門の求人サイトを確認してみましょう。 専門サイトであれば一般には公開されない非公開求人と呼ばれるものを登録者だけに公開しているので、たくさんの求人情報の中から自分に合ったものを探すことができます。

また、ブランクがある人でも歓迎ということを求人情報に掲載している職場もたくさんあります。 薬剤師の資格さえ持っていればすぐにでも働けるという職場も珍しくないので、諦めずに求人情報を探してみてはどうでしょうか?

高収入が実現する薬剤師の転職先はどこ?

東京や大阪などの主要都市では、薬剤師が供給過剰の傾向にあり、店舗のコストをカットする為にも人件費を抑えている企業が多いです。

平均年収を見てみると、熊本県では581万円、岩手は566万円、岐阜県は570万円ですが、大阪は452万円、東京は470万円であり、地域が違うだけで年収が100万円くらい違います。

主要都市では供給過剰になりつつありますが、地方では薬剤師が不足しているので、院外処方にシフトしたくても実現できない事情を抱えています。

この為、地方はまだまだ都心部に比べて医薬分業が遅れており、年収にも影響を与えていると考えられます。

また、超高齢社会に突入するにあったって、政府は在宅医療を推進しており、これからの時代は自宅や施設で治療を受けることになると予想されます。

地方で勤務できる薬剤師が求められていますが、主要都市に薬剤師が集中しているのが現状です。

地方だと年収600万円・700万円の求人も見られ、折角薬剤師を持っているのですから、できるだけ高収入を得たいと思うものです。 高収入が期待できるだけでなく、研修制度や休暇などが充実していたり、他の地域からの移住者を歓迎している薬局が増えています。

都心部にいるよりも地方のほうがスキルアップできる場合もあり、薬剤師が不足している地方では人材獲得に必死になっているのです。

在宅医療が推進されている中で、患者さんも薬剤師を必要としています。 高齢の患者さんだと、わざわざ遠いところまで処方箋を受けに行くのはとても大変なことです。

地方に薬剤師が増えて、近所で処方箋を受けられるようになれば便利ですし、感謝される分、都心部よりもやりがいを感じられるかもしれません。

また、地方は収入が期待できる以外にも、都心部よりも家賃が低く、支出を抑えられるので、都心部で働いている薬剤師との収入の差がより大きく開くと言えます。

地方は不便な点がまだまだありますが、都心部にはない自然があり、快適な暮らしを求めている方にも適しています。

転職サイトは地方の求人も多数取り扱っているので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょう。

年間休日120日以上の薬剤師の職場は?

きちんと休日を取りたい薬剤師にとって、ベストな職場はどこだと思いますか。 薬剤師は医師でも看護師でもないので、休日と有給が取りやすいと言われていますが、勤務先の環境によって一概にそうだとは断言できません。

例えば病院に勤務している薬剤師の場合、勤め先が入院患者がいないクリニックなのか、大学病院や総合病院のように入院患者がいるのかで全く環境が違います。

クリニックなら休診日にしっかり休暇をとれますが、大学病院などの大きな病院になると、残業が増えて深夜まで働く日も珍しくありません。

休日も不定期になりがちですし、院外の調剤薬局のなら定休日に休めるかもしれませんが、病院と提携している薬局の場合は休みが取りにくい傾向にあります。

このように、職場によっては休日の確保すらままなりませんが、年間休日120以上が期待できる職場が存在します。 薬剤師の業務が中心ではない製薬会社やドラッグストア、保健所です。

調剤の仕事がメインではない職場のほうが、休日を確保できる可能性が高く、保健所は地方公務員なので休日数が安定しています。

薬剤師の求人情報は一般の求人媒体にも掲載されていますが、求人数や条件設定等、不便な点が多いので、休日にこだわって仕事を探したいのであれば、転職支援サイトを活用するといいでしょう。

土日働きたい、土日は絶対に休みたい等の条件を設定して求人を探すことができ、プライベートの事情を優先して転職先を吟味できます。 円滑に転職活動をしたい方にとっても、転職支援サイトは有効です。

しかし、職場を変えたからと言って必ずしも状況が好転するわけではないので、転職にはリスクが付きまといます。 転職を決意したのなら、リスクをできる限り減らしたいものですよね。

その為には、現在の待遇よりも良い職場を探す必要があります。

転職支援サイトは条件を細かく指定でき、多くの求人情報を有しています。 完全無料で利用できるので、効率よく転職を成功させる上で不可欠とも言える存在です。

↑ PAGE TOP