独立開業に興味がある方は要チェックです!

薬剤師として独立することはできる?

薬剤師は、将来独立を目指すことができる職業でもあります。 もちろん、薬剤師の資格を取得したからといってすぐに独立をするのは難しいですが、経験を積んだうえで自分の薬局を開業する人も珍しくありません。

どういった時に独立を考える人が多いのかというと、給料の伸び悩んだ時です。 特に調剤薬局や薬局での仕事は給料が伸び悩み安いので、独立という選択肢も考えてみてはどうでしょうか。

独立をするためには開業資金が必要となるわけですが、開業にかかった資金をどれくらいで回収することができるかというのはどういった場所で開業するかということも大きく関わってきます。

例えば、大きな病院の近くに開業する場合は、その病院の患者数が多ければ最初からかなりの集患が見込めます。それから、今後薬剤師は増え続けることが予想されますが、需要はそれほど急激に増えるとは予想されていません。

ベテランの薬剤師は需要が多いですが、若手の薬剤師の雇用も増えていくでしょう。 そうなると、働きたくても働けないという薬剤師が余ってしまう状況になるのではないかと考えられています。独立をして自分の店を構えることができれば、雇用の心配はなくなりますよね。

また、薬剤師として働いているものの、他のスタッフや上の薬剤師と考え方が合わないという人もいるでしょう。独立をすることで、自分が望む職場環境を一から作っていくことができます。

一から独立するための物件を探して集患も行っていくのは自信がないという人の中には、その薬局オーナーからの引継ぎを前提として独立をしている人もいます。

例えば、既に何年も営業を続けている薬局の中には、もう歳だから薬局を閉めたいと思っているものの、引き継いでくれる人が見つからず、無理をして仕事を続けているというオーナーもいます。

そういった人が後継者を探していることも珍しくありません。 このような薬局を引き継ぐことができれば、既に集患できている状態から営業をスタートすることができるので、すぐに黒字を達成することも可能になります。

↑ PAGE TOP