助産師の新しい活躍の場とは?

助産師の今後

日本では子供の数が年々減少傾向にあるので、出産の年間件数も少なくなっています。 健康の問題などが確認されていない正常な分娩は、助産師が立ちあえますが、その機会そのものが減少している状況です。

こうした事実から、助産師が今後必要とされなくなっていくのではと悲観する目もありますが、実際にはむしろ新しい需要に関心が寄せられています。

出産件数が少なくなっていることから、産婦人科医や小児科医になろうという医学生の数も、将来性を考えてか減少しています。 子供の人数が減っているため、大きな規模の病院でも産婦人科医や小児科医の求人があまりありません。

求人募集がないなら独立開業するという選択肢もないわけではありませんが、子供が少ない以上経営面での不安がつきまといます。 少なくなった産婦人科医の代わりとして、病院の「助産師外来」が広まりつつあります。

助産師外来では、妊婦さんに指導をしたり健診を行うところです。 助産師の仕事は、出産に立ち会うことだけではありません。 妊娠・出産に関わる避妊や性の話、家族計画のテーマなども、助産師が正しい知識で支えになってくれます。

保健指導者という一面も持っており、家族計画を成人に指導したり、学校に出向いて性教育の指導を行うなどという役割も果たしています。 大切な生命を社会全体で守っていくためには、とても大切なことです。

産後のお母さんからの悩み相談に応じたり、体の変化への指導をするなど、長期的にサポートをしてくれる存在です。 少子化が進んでいるからこそ、子供という財産を社会全体で守っていこうという考え方が出てきています。

働きながらでも女性が子育てを続けられること、仕事を辞めて家庭に入らなくても安心して出産ができる社会を作っていけるようになれば、少子化に歯止めをかけられるでしょう。

出生率がこうして増えていけば、それはやがて社会に向けられていきます。 出産以外の助産師の仕事にも、これからより一層需要が増えていくのではないでしょうか。

↑ PAGE TOP